次世代Android


※講演内容、講演時間は予告無く変更される場合があります。ご了承下さい。

次世代Androidトラック

13:00
次世代Androidトラック(4202教室 T6)
SRとハコスコ
藤井直敬
理化学研究所脳科学総合研究センター適応知性研究チームチームリーダー
株式会社ハコスコ 代表取締役

【 講演内容 】
ハコスコは、仮想現実体験のための最も単純なデバイスです。 誰にでも簡単に使えることを最優先に考え、最先端の認知科学研究 の知見が基盤になっています。 その基盤となるSubstitutional Reality(SR)技術と、ハコスコを用いた 応用などについて紹介したいと思います。

13:55
次世代Androidトラック(4202教室 T6)
下町商店街での世界初Beacon実験 ~Open Beacon Field Trialの取り組み~
石塚宏紀・杉本礼彦
■石塚宏紀
日本Androidの会 運営委員長
学生時代から日本Androidの会 運営委員として活動を開始し,2013年より運営委員長として活動中.2014年2月にOBFTを発起し,いろいろなフィールドをオープンな実験場として活用可能にすることを目指している。
本業は,KDDI研究所にてデータマイニングに関わる研究に従事中。

■杉本礼彦
株式会社ブリリアントサービス代表取締役。日本ウェアラブルデバイスユーザグ ループ コアスタッフ、OBFTスタッフ Androidをやったり、beaconやったり、ウエアラブルデバイスをやったりと落ち 着きがありません。

【 講演内容 】
2014年2月に設立したOpen Beacon Field Trialを立ち上げ,メンバとともに,ABC2013Springを皮切りに,神奈川県六角橋商店街にBeaconを設置し,ハッカソン・アイデアソンの開催から世界初の実験を実施してきました.本講演では,OBFTの活動紹介と六角橋商店街フィールドで行ったアイデアソン・ハッカソンで作られたアプリを商店街のお祭り(11/8)で一般参加者に 利用していただいた事例をご紹介させていただきます.

14:50
次世代Androidトラック(4202教室 T6)
マーケット×データ(楽天+FULLER)。ストアのこれまでの変化と、これからの変化
栗原 祐一郎・森嶋大樹
■栗原 祐一郎
楽天マーケティングジャパン事業部 新規事業開発部
大手SI、コンサルティングファーム、大手ポイント会社のスタートアップを経て、2013年楽天に入社、ビジネスプロデューサーとして新規事業開発に従事。

■森嶋大樹
FULLER株式会社 営業部長
United株式会社にて広告商材一式を触り、AdStirという大手SSP の営業を担当。現在はFULLER株式会社にてApp Ape Analyticsまわりの何でも屋。Androidの会ではアド部という勉強会を開催し、大小問わずディベロッパーにとっての収益最大化やノウハウの共有を目的に全国で活動中。得意技は野宿。

【 講演内容 】
ディベロッパーさん必見その2です。スマーフォンが登場してから、アプリ市場とプレイヤーはめまぐるしい変化をとげて参りました。今回はFULLERのApp Ape Analyticsを使用しながらストアのアプリのデータをみつつ、今後どのような変化を市場やディベロッパーがしていくのかを楽天の栗原氏とともにディスカッションをしていきたいと思います。当日は表にあまり流れていない情報をお伝えさせていただきます。

16:15
次世代Androidトラック(4202教室 T6)
C++ と Visual Studio による Android 開発
渡辺友太
日本マイクロソフト デベロッパーエクスペリエンス&エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト

スタートアップでのCTO・エンジニア経験を経て、2012年に日本マイクロソフト入社。Windows ストア アプリ開発の他、現在は、iOS/Android を含むクロスプラットフォーム開発関連の技術に取り組んでいます。

【 講演内容 】
Android の開発環境が、最新の Visual Studio でますます充実しています。JavaScript/ C#/C++ によるアプリ開発を始め、ついに Microsoft から Android Emulator も提供されました。このセッションでは Visual Studio が提供する Android アプリ開発環境の概要をご紹介した後、特に C++ による Android アプリの開発環境をご覧いただきます。 講演スライド→ http://www.slideshare.net/YutaWatanabe/cvisual-studio-android

17:10
次世代Androidトラック(4202教室 T6)
Android wearアプリを開発してみて
福島 雄司
ヤフー株式会社

2009年 新卒入社
入社2年目からAndroidアプリの開発に携わる
■主な担当アプリ
・ヤフオク
・Yahoo!あんしんねっと
・Yahoo!Japanウィジェット
2012年 カカオジャパン出向

■担当アプリ
・カカオトーク
・まちトーク
・カカオLIVE

2014年 出向解除
新規事業領域でのサービス立ち上げ

【 講演内容 】
Android wearについての概要 YahooのAndroid wear対応アプリの紹介 Android wearの面白いアプリの紹介 Android wearの開発Tips

Android Bazaar and Conference 2014 Winter