VR/MRセッショントラック、注目のポイントは?


皆さん、こんにちは。ABC2017Spring実行委員の鈴木です。
今回の記事では、VR/MRのセッショントラックについて、本セッションを設けた背景とセッション内容の速報についてお話します。

2016年はハードウェアソフトウェア問わず様々なVR/MR関連技術が登場しました。
テレビやネットメディアでは「VR元年」と呼ばれ、過去のVRブーム(実はあったんです!!)とは
比較にならないほどの盛り上がりを見せ、VR体験が可能な施設の数は一気に増えました。

ハードウェアでは、Oculus Rift、htc VIVE、PlayStation VRといった高性能の
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)が販売される一方で、ハコスコやDaydreamなどのモバイルHMDも流行り、VR体験は気軽に楽しめるものとなりました。皆さんもどれかしらのHMDを一度は体験されたのではないでしょうか。

また、UnityやUnreal EngineといったゲームエンジンがVRアプリケーションの開発に応用されるようになり、個人の開発者でも比較的容易にVRアプリケーションを開発できるという現状も、今回のVRブームが爆発的に大きくなったことに大きく貢献していることでしょう。

VRが盛り上がる一方で、HoloLensを筆頭にMRの話題もここ最近では増えてきています。
アプリケーション開発の主流がUnity等のゲームエンジンであるため、VR開発をしていた方々がMR開発も行うといった実例がたくさんあります。

このようにVR/MR関連技術が盛り上がりを見せている背景もあり、今回のABC2017SpringではVR/MRのハードウェアの話や、ソフトウェア開発の話を盛り込んだ本セッションを設けました。さらに、基調講演でもVR/MRの内容を扱うセッションを準備しています。

本セッションを聴いて、今現在のVR/MRの盛り上がりを実感して頂き、未来のVR/MRがどうすれば成功していくのかを考えるきっかけになればと思います。VR/MRの未来を皆さんで切り開きましょう!!

VR/MRトラックの各セッションの内容紹介

※ 講師氏名は敬称を略します。
※ 緊急的な事由により、講演テーマ、内容が変更される場合があります。

<講演題目>
VR/AR機器のそれぞれの特色
<講師>
能代 和哉
株式会社ViRD 代表取締役社長
<講演概要>
ハイエンドVR、モバイルVR、MRゴーグルなど、様々な機器がでてきた中で、要件に対して開発者はどのように機材を選択し、それぞれUnityでどのような開発をしていけばいいのかをお話します。

<講演題目>
VR開発ことはじめ
<講師>
高橋 建滋
株式会社桜花一門 代表取締役
<講演概要>
VR怖くないよ。みんな開発しよう。DayDream端末は日本未発売だけど、みんな買って開発しようよ。日本から一杯ソフトが出れば、端末会社もみんな重い腰を上げるよ。
じゃあ何から開発するの? 大丈夫、問題ない。ちゃんと教えるよ。怖くないからみんな開発しよう。

<講演題目>
VR開発Tips (仮)
<講師>
比留間 和也
Unity VRエンジニア
<講演概要>
日々のVR開発で得たTipsなどをまとめてお話しする予定です。

<講演題目>
めざせスカウター! HoloLensによる特定個人の顔認識アプリ制作とその課題
<講師>
岩崎 謙汰
東京工業大学 情報理工学院 数理・計算科学系 大学院生
<講演概要>
HoloLensを手にしたUnity大好き大学院生がスカウターを作りたい!と立ち上がった制作の軌跡についてお話します。
顔認識モデルを作るための顔写真データの収集から、ディープラーニングでの学習、そしてHoloLensに適用し目の前の人物に合わせてその人の情報を開示するところまで行いました。