ABC2016S速報 – 第13弾 :OpenSoCAndroidWG設立と、日本製SoCボードBLEAD-AGEについて


【ABC2016Spring速報 3月12日(土)@青学】
皆さん,こんにちわ

ABC2016Spring実行委員長の石塚です.
さて,ABC2016Spring速報第13弾は,鈴木直康さんによる講演のご紹介です.

https://www.android-group.jp/event/event44.html

日本Androidの会では,この3月に新しいワーキンググループを発足されました!
それが,Open SoC Android Working Groupです.
昨今、RaspberryPiやDragonBoardなど、汎用SoCボードが話題となっています.
しかしながら,日本人技術者にとっては、詳しい情報を調べると英語のページを読む必要があり学生やホビーユースのエンジニアにとって障壁が高い。
また、アプリケーションエンジニアが、SoC上で動作しているAndroidのアプリケーションから、IOを制御しLEDを点灯させる「Lちか」をする事も障壁が高い。
もっと、誰でも気軽に、簡単にハードを制御出来るようなプラットフォームを用意し、ブロック感覚でセンサやデバイスをつなげて、ハードを制御できると、産業や教育用途等でも役に立つと思われます.このWGでは,日本製SoCを採用した、小型コンピュータボードを使用し、日本語サポートが受けられる、日本人の為のSoCボードを広めていきます!

この講演は,純日本製のSoCボードの紹介とOSAWGの今後の活動について発表します!

12472554_565958543561147_8675612097548534835_n

3月12日(土) 15時〜16時 青山学院大学 17号館 4階 17407 デザイン・デバイストラック

<講演題目>
OpenSoCAndroid WG設立と、日本製SoCボードBLEAD-AGEについて
<講師>
鈴木直康氏
株式会社芳和システムデザイン/日本Androidの会 運営委員

abc2015summmer4
<講演概要>
OpenSoCAndroid WGの取組みついて、日本製SoCを使用した汎用ボードの概要と試作品デモ

https://www.android-group.jp/event/event44.html